海外ゴルフ体験記。ベトナムホーチミンでプレー。 | アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

今ではアラフィフ女子ゴルファーが超初心者からシングルになるまでの20年間の体験談をご紹介。お気に入りゴルフアイテムも合わせてご紹介しています。

ゴルフ旅行

海外ゴルフ体験記。ベトナムホーチミンでプレー。

投稿日:

海外でゴルフしてきました。

 

それも旅先はアジアのベトナムです。

 

アジアでゴルフと言えばタイとか、

台湾とかは良く聞くと思うのですが、

ベトナムでゴルフとは意外だと思いませんか?

 

ベトナムって一体どういう国なの?

ベトナムってゴルフできるの????

治安とかって大丈夫なの?

 

私自身、ベトナムでゴルフをするとは

夢にも思ってなかったのですが、

知り合いの人がベトナムで会社を

やっていることから

そこでゴルフをするということが

実現されたのです。

 

ただ、ベトナムという国のことは、

いつも夏の気候だということくらいしか

わからず、全く情報がないまま

現地に向かったのです。

 

 

 

 

 

 

 

ベトナムに到着して、

早速ゴルフです。

仲間たちも睡眠が少ないにもかかわらず、

ゴルフのヤル気満々です。

 

ベトナムでのゴルフって

一体どんなもんなんだろう。

 

ベトナムゴルフ初体験です。

 

 

コースはこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コースはかなりきちんと

整備されていました。

 

芝もキレイ。

グリーンもキレイ。

 

日本のコースと同じように

ちゃんと管理されている。

 

クラブハウスだってすごくきれいだし、

豪華なゴルフ場もある。

 

文句なしでしたよ。

 

 

その中で不思議に思ったことが

ありました。

日本では絶対見ないものを発見!!!!

 

それはグリーン上でのこと・・・・。

 

カップの周りがなんだか違う???

 

この写真をよーく見てください。

 

 

 

 

 

 

 

カップの周りに直径1メートルくらいの円が

書かれているのがわかりますか?

 

なぜ、こんな円が書かれているのかと

思いながらプレーしていたところ、

その円の中にボールが入ると、

キャディさんたちは『OK~!!!』と

言いながら、そのボールを勝手に

拾い上げてしまうんです。

 

 

え? どした?

カップインしてないのに?

拾われちゃったよぉ~。

 

 

 

 

 

 

最初は意味が解らなかったのですが、

プレーしていくうちに

そういうことかぁと理解しました。

 

この円がある意味は、

プレーをスムーズにするために、

大きな円があるようなのです。

 

円に入ればみんなOKってことに

なるんです。

 

まぁ、確かに時間短縮には

なりますね。

 

 

 

 

 



 

そして、日本と違うところが

もう一つあるんです。

 

それはキャディさんの数です。

 

日本なら4人に対して

1人のキャディさんですよね。

 

ベトナムでは、

キャディさんは1人のプレーヤーに

1人ずつ付くんです。

 

ちなみにタイなどでも同じように付くようですね。

 

私の担当のキャディさんは、

私のことだけしかしないんです。

私以外のプレーヤーには私のキャディさんは

基本何もしないんです。

 

その日、一日中、

私のお世話はそのキャディさんだけなんです。

 

グリーン上では、絶対マークするのは

キャディさん。

私がマークしようとすると

やるからいい!!というような

ジェスチャーをされるので

全ホールマークしてもらいました。

 

そして、私のキャディバッグに日傘が

入っていたことに気づいてくれて、

プレー中に日傘を持ってきてくれて、

私がグリーン上でラインを読んでいる時は

ずっと傘を持っていてくれたりもしていました。

 

コース内の売店に着くと、

キャディさんは現地のフルーツを私達に出してくれたり、

スポンサーリンク

自分たちも一緒に食べながら接客しているという

日本では考えられないような人もいました。

 

ものすごい驚いたのが、

私達がプレー中なのにもかかわらず、

ある一人の女性のキャディさんは

お腹が空いたからと言って、

自分のお弁当を食べながら私達の対応を

している人もいました。

 

いや~、

これにはびっくりでした。

本当不思議な光景でした。

 

 

言葉については、

英語のわかるキャディさんと

ベトナム語しか話せないキャディさんがいました。

 

私についてくれたキャディさんは

英語が話せたので、

私のテキトーな英語でお互い話が通じたので

良かったですが、

他の人はベトナム語しか話せなかったりしたので、

距離を聞くときや、またコースの説明や、

池やバンカーなどのことを聞くときは

理解できず難しそうでした。

 

ちなみにキャディさんは

カートにこんな感じで移動するんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

私達2人乗りのカートの後ろに

キャディバッグを積みます。

その空いたところにキャディさんが

2人乗るんです。

 

面白いでしょ。

 

このコースでは男性のキャディさんでしたが、

他コースでは女性のキャディさんも

同じようにしていました。

 

いや~、本当不思議です。

 

↓それからこの写真を見てください。

これは前の組がショートホールをプレー中に

撮影したものです。

 

 

 

 

 

一人のプレーヤーに一人のキャディさんが

付くのでグリーン上に人がいっぱいです。

 

これを見るだけでも本当面白いです。

 



 

日本ではセルフプレーに慣れている私にとって、

現地のキャディさんはいろいろやってくれるので、

逆に少しやりにくさもあったりしましたが、

なんだか女王様にでもなったような

感じもあり、面白い体験ができました。

 

ただ、街中などは

ものすごい数のバイクだらけで

危ないので、ウロウロするには

少し気を付けた方がよいかもしれません。

 

こちらは街中の光景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには日本を飛び出して

海外でゴルフをするのも

面白いですね。

 

ベトナムという国がどういう国なのか

全然知らなかったのですが、

私が行ったところも良かったし、

私が出会ったベトナムの人達は

とても良い人ばかりでした。

 

もしまた行く機会があれば

行ってみてもいいかも~~~。

 

 

 

 

 

 

 

↑ちなみに壁にはこんなが

たくさんいました。

 

 

スポンサーリンク

-ゴルフ旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

GWに行きたいゴルフ場。GWのゴルフ料金。【関東編】

ゴールデンウイークは何をする予定ですか?   せっかくのお休みだからいつもできていない、 家族サービスももちろんしないと。   でも・・・・、 それも必要なんですけど・・・・・、 …

夏休みに行きたい⓵軽井沢編

もうすぐ夏ですよぉ。   まぁ、とりあえず夏休みまであと数か月。 楽しみですよねぇ。           そんな暑い夏には高原のような避暑地 …