アドレス時に心がけていること | アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

今ではアラフィフ女子ゴルファーが超初心者からシングルになるまでの20年間の体験談をご紹介。お気に入りゴルフアイテムも合わせてご紹介しています。

ゴルフスイング

アドレス時に心がけていること

投稿日:2017年5月22日 更新日:

アドレスの時って何を考えてますか?

アドレスの姿勢に入ってから結構長い時間そのまま動けない人をときどき見かけます。

いわゆる固まってしまう人。

アドレスに入ってからはできるだけ時間をかけない方がいいんです。

その姿勢で長い時間いると始動しにくくなるんですよね。

あの人、打つまでに結構時間かかるんだよねぇなんて言われている人周りにいませんか?

スイングの中で一番大切ってくらいアドレスって大事なんですけど、

固まってては台無しなんです。

私が日ごろ気を付けていることがあります。

アドレスしたときに・・・・・・

⑴軽く前傾姿勢をとり、両手の力を抜いてダランと垂らしたところがグリップの場所だと考えています。
⑵その時、手首には角度が自然とついてきます。
ただし、ハンドダウン、ハンドアップしすぎてはいけないのは注意すべきところです。
⑶そしてその姿勢が決まったら最後にすることは再度両腕・両肩・上半身から力を抜くようチェックしています。

アドレスから力を入れていてはクラブの動きが変わってしまうんです。

再度おさらいです。

アドレスの形が決まったらトップに行きます。

次はトップからそのまま元のアドレスの位置に手元がくれば絶対ボールに当たるんです。

当てようとしなくていいんです。

一般的なアマチュアゴルファーで多いのは、アドレス時点から力が入っていて、

トップへ行ってもそこからまた力が入っていて、インパクトになってもそのままガチガチで

ボールを腕で打ちに行ってしまうという効率の悪い動きが起きてしまうと思うんです。

アドレスですべてが決まるというくらい大事な部分なんですが、

そこから動くときも力が入っていてはせっかくのアドレスの姿勢が活かされないままになってしまうんです。

アドレスで決めた姿勢からインパクト、そしてフィニッシュまでアドレス時にセットした手首の角度をキープしながら

一気に打ちぬいていくってことが大事なんです。

力なんていらないんです。

ただその動きをスムーズにできればボールの曲がりも少なくなるし、

余計な動きをしなくなるのでゴルフも良くなっていきますよ。





スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ゴルフスイング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴルフ仲間から言われた下手くそという言葉に奮起!!!

私は今シングルではありますが、 まだ試合ですごい実績を残すことが できていないんです   自分の中ではなんちゃってシングル ではないかと思ってるんです。 とほほ。   そのなんちゃ …

ゴルフスイングをガニ股打法に変えたら良いことがあった?!

つい最近のことですが、 私、思い切ってゴルフスイングを ガニ股打法に変えました。   なぜかというと、 何も気にしないでいると いつも内股になってしまうんです。   ぼけ~っと立っ …

私のゴルフの時に現れる悪いクセさんをやっつけるの巻き

どんなスポーツでもそうなんだろうけど、 自分の悪いクセってあると思うんですね。 それがあるからうまくいかないってことって 絶対みんなありますよね。 クセってのは簡単に直らなくて本当腹が立つもんです。 …

スイング中に痛いと思ったら・・・・

私の悪い癖でインパクトの時、左肩や左腕に力が入ってしまうんです。 それがずっと直らなくて。 でもそれでもなんとかスコアも出せてるし、このままでもいいかなと思いながら そのまま打ち続けてたんです。 そし …

ゴルフスイングの力加減は8割くらいがカッコイイ♪ マンぶりは絶対ダメ!

すっごいナイスショットをした時って 力が入っていないのに、 打感も軽~い感触で、 それなのに飛距離がいつもより 出ていて飛んだりしますよね。   そんな経験ありませんか?   その …