ゴルフの飛距離アップに必要な筋肉とは。 | アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

今ではアラフィフ女子ゴルファーが超初心者からシングルになるまでの20年間の体験談をご紹介。お気に入りゴルフアイテムも合わせてご紹介しています。

ゴルフ筋トレ

ゴルフの飛距離アップに必要な筋肉とは。

投稿日:2017年10月23日 更新日:

ゴルフが上手くなりたいという一心で私が1年くらい前から

練習場に週に2~3回くらい通い始めたんです。

仕事が終わってから、夕飯を食べて、

その後練習場に向かいました。

そしてボールは大体1日200球くらい打ち込みました。




まずは58°のアプローチウェッジから打ち始めって、

その後52°、PW 、9番アイアンと徐々に長いクラブに

変えて行って、すこしずつ打ち込んでいくのです。

そして一番長いドライバーを打つことになるんですが、

その時に気を付けていたことがあるんです。

 

 

まず、一番気を付けていることがあって、

それは腕で打たないってことなんです。

腕の力でもある程度当たれば飛ぶことは飛びますが、

絶対限界が来ます。

ある程度の距離以上は出せないってことです。

最近は飛ぶクラブが発売されていますが、

それでも腕で打っているのであれば

そのクラブの性能を活かすことは絶対に難しいです。




新しいクラブにしたら前よりも飛ぶようになったよ。

なんてことがあったとしても

それは気分的に変わっただけで、

打ち方が変わってなければ

いつかまたそのクラブに慣れてきたら、

そのクラブを購入する前の状況と同じ状況が

また来るだけです。

新しいクラブで気分転換も確かに必要だったりも

しますが、これ以上の飛距離にするには

やっぱり腕で打たないってことです。




自分では腕で打ってるとは思っていないし、

今まで腕を使って打っていることを続けているために、

腕の力を使わないで打つってことがどういうことなのか

理解できないかもしれません。

それをずっと続けてきている人に対して、

腕の力を抜くようにして打つ!なんて言ったとしても

身体が前の打ち方をしようとして反応してしまうので、

やっぱり上手く出来ないってことになるのが普通です。

そうなって当たり前なんです。


飛距離アップに必要な筋肉は3つあります。

 

⓵腕(上腕三頭筋)

⓶お腹(腹斜筋)

⓷下半身(臀部&大腿部)

 

こちらの情報はediteur(エディトゥール)から
参考にさせていただきました。



 

⓵腕(上腕三頭筋)

腕で打たないと先ほどから言いましたが、

腕の力が全くゼロになるわけではないんです。

腕の力が必要な箇所があります。

インパクト前~インパクトでボールに当てます。

そしてインパクトでボールを押し出すような動きの時に

腕の力が必要になってきます。

必要なのはその部分のみです。

野球でボールを投げるときにするスナップのようなことが

ゴルフではこの箇所がそれにあたるってわけなんです。

インパクト後は惰性で腕と身体が勝手にフィニッシュまで持っていかれる

という状態になり、キレイなフィニッシュを作れるのです。

それ以外に腕の力で動かすところはないと思っても良いです。

 

上腕三頭筋を鍛えるには・・・・。

手の位置を肩幅より狭くした体勢で行う腕立て伏せの

“ナロープッシュアップ”や“ナローベンチプレス”がオススメ。

通常よりも狭い幅で行うことで

上腕三頭筋を効率的に鍛えることができます。

 

 

⓶お腹(腹斜筋)

バックスイングで発生した上半身と下半身の捻転を

ダウンスイングで引き戻してくる際に働く筋肉。

トップまで身体を回したら、その後インパクトまでの間に

腹筋を使って身体を左に回していくという感覚です。

私が実際やっているのはトップから『ふっ!』っという

くらいの声が聞こえてきそうな感じで腹筋で左まで

一気に向くような気持ちです。

 

 

腹斜筋を鍛えるには・・・・。

身体を捻りながら反対側の膝と肘を近づける腹筋運動の

“ツイスティングシットアップ”です。

特に右肘を左膝に近づける動きはダウンスイングの

動作に共通するため、意識して行なうと効果も高くなります。

 

⓷下半身(臀部&大腿部)

私自身、飛距離が伸びたなと思うところは

この下半身の筋肉を使うようになってからなんです。

その筋肉とは左足ももの内側の筋肉。

内転筋という筋肉です。

飛距離アップを目指すなら下半身は最も強化したい部位。

お尻(大臀筋)や太もも(大腿四頭筋やハムストリングスや内転筋)は

バックスイングの力を受け止め、

切り返しで瞬発的に腰を旋回させ地面からのパワーを

伝えるために必要な筋肉です。

トップまでいったら、あとは左のもも内側の筋肉に

すべてを預けるくらい、他の動きは動かされるままで、

左内転筋のみでしっかりと全身の動きを受け止めて

あとは一気に振りぬいていくだけなんです。

余計なことは一切しないんです。

この筋肉を意識し始めてから断然飛距離が伸びたんです。

この筋肉を意識していなかったときは大体ですが、

ドライバーで190~200ヤードくらいだったかと思います。

それを意識し始めてからは210~220ヤード以上もあります。

男性と同じ場所から打っても、

大体同じところにボールがあるくらいまで伸びました。

男性のみなさんは女性に負けるわけにはいかないと必死になっていますが、

スポンサーリンク

私の今のスイングでは負けることはないと思っています。

女性とか男性とかも関係ないですしね。

練習したもん勝ちです。

 

臀部&大腿部を鍛えるには・・・・。

通常のスクワットに加え、足を外側に開いて行う

“ワイドスクワット”が効果的でしょう。

大臀筋(お尻)、大腿四頭筋(太もも前)、

ハムストリングス(太もも裏)、内転筋(太もも内側)を

同時に鍛えることができます。



 

スイングを本気で直したいならば、

飛距離を本気で伸ばしたいならば、

ここはものすごい勇気が必要になってきます。

スイングを大幅変更するわけです。

また頭の中の自分のスイングのイメージも思いっきり

変える必要があります。

そうなるとそれを始めると頭の中はごちゃごちゃになる。

そして、当たらなくなる。

元に戻そうとしても、今までどうやって振っていたかも

わからなくなって戻せなくなる。

ということを覚悟しなければいけなくなるんです。

こうなった状態でコースへ行ったとしても、

どうやって振ってよいかわからなくなるわけですから、

もちろんボールはどこへ行くかわからないし、

まずはクラブでちゃんとボールに当てることができるのか、

という問題にも直面します。

そうなればもちろんスコアなんてとんでもない数字が出ます。

今まで打ったことのないような悪いスコアが出ます。

でもそれは当然のことなんです。

スイングを変えようとしているんです。

ボールをすぐに上手く当てられるようになるわけがないんです。

そうなって当たり前なんです。

一時期はめちゃくちゃになるという覚悟がいるんです。

 

 

もし、それが心配であるならば、

ライザップやその他スクールに行くべきです。

ライザップは2ヶ月で結果が出るというので、

他のスクールでだらだらやるよりはいいのかもしれません。

たった2ヶ月だけ気合入れてみる。

これも一つの方法だと思います。

2ヶ月だけ集中的にやるってのも

ダラダラとするよりは絶対いいですよね。


 

 

ゴルフが本当に上手くなりたいなら、

スイングを変えてみる、筋トレをしてみる、

スクールでがっつり教わってみる、そして自分でもきちんと練習してみる。

これが上達の近道かもしれないですね。

何もしないでうまくなるわけがないです。

 

 

筋トレをする目安としては、

それぞれ10回1セットとして、3セット行なってください。

頻度は短期間に飛距離アップを目指すのであれば、

筋肉痛が治ったタイミングで週2〜3回、

長期的に維持継続していくのであれば

週1回のペースでトレーニングしてください。

ってことで、私は、日々筋トレとスイング改造して

日々精進し続けま~す。

スポンサーリンク

-ゴルフ筋トレ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴルフのための筋トレ継続で、すごい成果が出始めた~?!

鍛えていたら、ゴルフにも生活にもじわじわと 驚くべき変化が出てきたんです。   そのゴルフを良くするために始めた ピラティスと筋トレで、 今では嬉しいことが・・・。   もちろん筋 …

今日のゴルフはカートなしの歩きプレー。なかなか良いもんだ。

今日のゴルフは35度。 お天気は少し曇り。   そんな中、久しぶりに18ホール全部歩きの ラウンドでした。 それもナント!手引きカート💦 見てください。 これですよ。これ~~ …

ゴルフの時の歩き方と日頃から胸を張って腹筋を意識する。

普段、ゴルフに行かないときはあまり歩くことがないんです。 いつも車を使ってしまうので、 歩いているときがほとんどないという状況で・・・。 こりゃ、いかんですよ。 これが太る原因になっているんだろうな。 …

ゴルフのためのトレーニングアイテムご紹介。

友達は結構ゴルフに対して、 ストイックな人が多いので、 練習場にまじめに通う人、 トレーナーさんをつけてトレーニングしている人、 ゴルフクラブをいろいろ変えている人、 ラウンドしまくっている人などなど …

ゴルフに必要な足腰を鍛えたい。スクワットマジックってどうなの?

ゴルフには足腰がしっかりしていないと と言われますよね。   だけど、仕事から帰ってきて、 家に着いたとたん、 あ~あ、今日も疲れたなぁって 毎日終わっていませんか?   私、以前 …