これで1ラウンド3~4打減らせます。(パター編) | アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

今ではアラフィフ女子ゴルファーが超初心者からシングルになるまでの20年間の体験談をご紹介。お気に入りゴルフアイテムも合わせてご紹介しています。

ゴルフスコア

これで1ラウンド3~4打減らせます。(パター編)

投稿日:2017年3月30日 更新日:

小春日和の今日、ゴルフに行ってきました。

とてもお天気もいいし、

ぽかぽか陽気でまさにゴルフ日和でした。

 

 

 

 

 

こういう季節っていいですよねぇ。

寒かった冬もそろそろ終わりです。

待ちに待った春がやってきたようです。

 

でも桜はまだ2分咲きくらいで、

ほとんどがつぼみでしたけどね。

来週あたりは満開なんだろうなぁ。

 

来週、ゴルフ行く人がうらやましいです。

私は今のところゴルフの予定なしです。

がっかり・・・・。

 

こんな季節に行かないなんてもったいないですよね。

 

 

 

で、今日の本題はグリーン上のパターを

使ってのマネージメントについてお話します。

 

私が初心者の頃は、

セカンドショットやサードショットで

グリーンのどこでもいいから、

とにかくグリーンに乗せればOK。

これで大満足だったんです。

 

確かにグリーンに乗せるのはよいことなのですが、

スコアをもっと減らしたいなら

グリーンのどこに乗せるかで

スコアが変わってくるんです。

 

ということはグリーンに乗せる場所も

考えていかないといけないのです。

 

ゴルフはなんでも『手前から攻める』

ということをよく聞きますよね。

 

なぜなら奥に行くと難しいから。

 

だから手前から攻めていくんですよ。

 

それでグリーン上でも同じです。

手前からパターをするのがいいんです。

大体のグリーンが手前からとなると、

上りのパットが残るんです。

それが一番入りやすいんです。

 

 

ピンより下から打つパットが一番いいんです。

 

 

ピンより上につけてしまうと、

グリーンの速いコース場合、

下りのパットがすごいことになってしまうんです。

 

想像するだけで怖い💦

 

 

 

 

 

 

カップより上につけてしまって、

その場所から打った場合、

カップを過ぎてどんどん下って

行ってしまうことってありますよね。

 

『あ~~~💦 やっちゃったぁ。

お願い、止まって止まってぇ~~~~~!!!』

ひたすら祈るばかりの状況です。

もう最後は神頼みです。

 

 

 

 

 

 

そうなると今度はピンの下からの

長いパターが残ってしまうんです。

それがもしまた入らなければ3パットです。

 

『3パットしちゃったよぉ~~~~💦

もうやだぁ~~~!!!』

なんて言いながら、これが気分悪いんですよねぇ。

 

あ~あ、がっかり。

 

 

 

 

 

 

私が今日行ってきたコースもグリーンが速くて、

下りのパットは触っただけってくらいにソフトタッチで

パターを打っているにもかかわらず、

なんとみるみるカップを過ぎてしまい、

相当下の方へ行ってしまうことが何度もありました。

 

あ~あ、何やってるんだよ。

自分・・・・💦

なんて思ったりして・・・・。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

とほほ・・・・・・💦

 

 

ちなみに、

今日のコースは

グリーンの速さ10フィート、

コンパクションも硬めでした。

 

 

だけど、さっきから言っている

グリーンの速さって?

コンパクションってなに?

 

 

 

 

 

 

グリーンの速さとは。

グリーンの速さを測るときは

スティンプメーターというものを使います。

スティンプメーターとは棒状のもので

長さが3フィートあります。

 

※1フィート(30.48センチ)

 

そこにボールを乗せてボールを滑り台から

滑らすようにして転がして

グリーンの速さを測ります。

 

こちらがスティンプメーターです。

 

 

グリーンの速さで見ると、

8フィート
アマチュアゴルファーが行くゴルフ場。
大体一般的な速さです。

9~11フィート
女子プロツアートーナメントの速さ。

10~12フィート
男子プロツアートーナメントの速さ。

13~14フィート
マスターズでの速さ。

 

 

ということでマスターズはものすごく速いってことです。

この速さで一般アマチュアゴルファーがプレーしたら

大変なことになってしまうでしょう。

 

プロってすごいですよね。 改めて実感。

 

 

コンパクションとは。

それから、コンパクションについてです。

 

コンパクションとは

地面の硬さを表すために使われる

尺度のことです。

 

12-14前後
日本のプロのトーナメントのグリーン

14以上
ピッチマークがほとんど付かないほど硬い。

 

 

一般的には、11-12 程度のグリーンが多いようです。

10以下のグリーンは、大きなピッチマークが出来るため

軟らかめなグリーンということになります。

 

参考資料はこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓
weblio辞書
アルバ

 

季節にもよりますが、

グリーンの速さが速い場合があります。

 

そんなときでも1打でも減らそうとするならば、

手前から攻めていくことです。

 

そうすれば3パットが少なくなり、

ラウンドでも少なくても3打~4打は

減らせるということになります。

 

地道な努力にはなりますが、

スコアアップを目指すにはこれが必要です。

 

パターの1打も大きいです。

大事にいきたいですね。

 

頑張りましょう~~~!!!!

 

 

 

 

 

 





スポンサーリンク

-ゴルフスコア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴルフがうまくなりたいなら自分より上のレベルの人と回るべし。

ゴルフがうまくなりたいなら自分と同じレベル以上の人と回るようにすると 良い影響を受けて自分のゴルフの考え方、攻め方が変わってくるんです。 そうなると必然的にスコアも良くなるし、ハンディキャップも上がっ …

ゴルフのスコアはボギーまでしか打たない主義

私は100切りを目指していたころから 現在もずっと基本はボギーペースなんです。               100切りを目指してい …

アプローチで寄せワン。超気持ちいい~~~~!!!!

基本、アマチュアゴルファーって、 パーオン率はそんなに良くないですよね。   パーオンて何度も出来ますか? 1ラウンド18ホールでどのくらいあります?     &nbsp …

3パットは痛い💦目指せ1ラウンド36パット以下。

どのレベルのゴルファーでも 3パットはしたくないですよね。 1ホールなら2パットまで許せるけど、 3パットとなると気分は結構悪いですよね。   そしてそれがボギーで 終わらなかったら余計に …

アプローチとパターが良い日と悪い日のスコアの違い

ゴルフってアプローチとパターが 大事だってこと耳にタコができるくらい 聞いたりしませんか?             はい、はい。 もうわかり …