ゴルフの時の歩き方と日頃から胸を張って腹筋を意識する。 | アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

今ではアラフィフ女子ゴルファーが超初心者からシングルになるまでの20年間の体験談をご紹介。お気に入りゴルフアイテムも合わせてご紹介しています。

ゴルフ筋トレ

ゴルフの時の歩き方と日頃から胸を張って腹筋を意識する。

投稿日:2017年6月13日 更新日:

普段、ゴルフに行かないときはあまり歩くことがないんです。

いつも車を使ってしまうので、

歩いているときがほとんどないという状況で・・・。

こりゃ、いかんですよ。

これが太る原因になっているんだろうな。

それではいけないので、

ゴルフの時だけはできるだけ歩くようにしてます。

だからほとんどカートには乗らないんです。

 

ラウンド中はいつもポケットにiphoneを入れて歩いています。

その中のヘルスケアというアプリは万歩計の役割があるので、

いつも歩数を数えているんです。

ワンラウンドで大体1万7000歩~1万9000歩くらいですかね。

ゴルフ以外の日は大体4000歩くらいです。

そして食べる量は減らしていないんだから、

そりゃぁ~、太りますよね。



ゴルフの時の歩き方としては・・・・・

⓵胸を張って歩く。

⓶腹筋を気にする。

⓷ももを上げるようにして歩く。

⓸足はかかとから着地して、つま先で地面を蹴り上げるようにして歩く。

これはゴルフ中だけでなく、

普段歩いている時も気を付けて歩くのがいいですね。

中高年は腹筋がなくなってきて、

その分おなかがド~ンと出てしまい、

ベルトの上にお肉が乗ったりしていませんか?

 

 

新陳代謝も落ちてくるし、腹筋もなくなってくるし、

何もしなければどんどんすごいことになってしまいます。

普段から胸を張って、腹筋を気にしているだけで、

腹筋運動をたとえしなくても

筋肉がまた戻ってきたりすればそこまでおなかの出るのを

防げるということになります。

猫背気味の姿勢も、この状態をキープしていけば姿勢も良く見えて、

若々しく見られますよ。

 

 

そして、だんだん年齢が行くたびに腹筋はなくなるし、

足や太もも、お尻の筋肉も落ちてくるし、

それにより体力が落ちてきて、

ゴルフの飛距離もどんどん落ちて行って

衰えていってしまいます。

だからまだ若いときから日々積み重ねておけば、

同級生の中でも若さを保てるんじゃないかなと思っています。

 

 

今から鍛え続けるということは、長くゴルフができたり、

飛距離の維持や年齢より若くいるための準備なんだと思います。

日々積み重ねていくことが大事ですね。

スポンサーリンク





スポンサーリンク

-ゴルフ筋トレ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブルゾンちえみの体重が減らないって本当?

2017年夏の24時間テレビでチャリティランナーに選ばれたブルゾンちえみさん。 24時間テレビのフィナーレには間に合わなかったけど、完走しましたよね。 すっごいなぁ。 私、絶対無理ですぅ~~~~~&# …

ゴルフの飛距離アップに必要な筋肉とは。

ゴルフが上手くなりたいという一心で私が1年くらい前から 練習場に週に2~3回くらい通い始めたんです。 仕事が終わってから、夕飯を食べて、 その後練習場に向かいました。 そしてボールは大体1日200球く …

肉体改造計画中。ゴルフのため、将来のために。

アラフィフだからこそ決意した肉体改造。 無謀なんて言わせないぜ!               それは、まだまだレベルアップしたいゴ …

マッサージをより効果的にするお風呂の入り方。

私はゴルフの前には必ずと言っていいほどマッサージに行くようにしています。 マッサージに行かないとゴルフのスイングを したときに身体が回らないんです。 そうするとボールがどこへ飛んでいくか、方向性がバラ …

ゴルフ飛距離アップのためにピラティスを取り入れたワケとは!!!

この秋、ゴルフの試合に行ってきました。 そこで味わった自分の飛距離のなさ、 そして飛距離の出る人が日頃から やっていることは何なのかを聞き出して きました。       …