ベストスコアを出すには絶対ボギーオン!!! | アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

今ではアラフィフ女子ゴルファーが超初心者からシングルになるまでの20年間の体験談をご紹介。お気に入りゴルフアイテムも合わせてご紹介しています。

ゴルフスコア

ベストスコアを出すには絶対ボギーオン!!!

投稿日:2018年1月20日 更新日:

ゴルフのスコアを良くするコツは、

何がなんでもボギーオンです。

 

本当に。これ絶対なんです。

 

 

 

 

 

 

 

絶対、ボギーオンなんです。

 

どんなレベルでもボギーオンなんです。

信じられないかもしれないですが・・・。

 

70台を出す人だって、

パーオン出来ないときだってあるんです。

そうなるとやっぱりボギーオンもあるんです。

 

 

コースが長くても、難しくても、

絶対ボギーオン。

 

 

コースが長いからこそ、難しいからこそ、

ボギーオンなんですけどね。

 

何度もボギーオンしか言ってないですけど・・・。

でもねぇ、

ボギーオンなんかしてたら、

ずっとボギーの90ですよね。

 

これなら100は切れても、

90は切れないし、

ましてや80も切れないってことになりますよね。

 

 

・・・・・な~んて思ってませんか?

 

 

はっきり申し上げますと、

それは、間違いなんです。

 

どんなレベルでもまずボギーオン。

 

ここ大事ですよぉ~。

 

 

 

 

 

 

先日、ゴルフに行ってきたんです。

千葉県にある東急セブンハンドレッドクラブ

というゴルフ場です。

 

そこは女子プロゴルファーの

トーナメント会場でもあるゴルフ場です。

 

毎年10月に行われる

富士通レディースという試合です。

 

私がラウンドしたのは西コースです。

 

このコースはまさに女子プロの皆さんがラウンドする

コースなんです。

 

女子プロの皆さんが回るときに使用するティーは、

バックティとレギュラーティをいろいろと合わせて

試合するそうです。

 

そこで私は思い切って、

バックティーでチャレンジしてきました。

 

バックティではトータルで6,597ヤードです。

ほぼ6,600ヤード。

 

長いです。

特に女子にしたら。

 

キャディさんも最初は、

『え? 女性の方もバックティからですか・・・・💦』

と不安げな表情。

 

まぁ、そうなるのも当然ですよね。

 

確かにこんなに距離があったら、

女性でバックティ使う人ってそうはいないです。

キャディさんが今日一日どうなるのかと

不安になるのもよ~くわかります。

 

 

それでも女子プロと同じところから

やってみたいということだけで、

自分がどれだけできるのかを試そうと思い、

バックティでのプレーを選択したわけです。

 

 

距離としては、

ロングホールでは長くて542ヤードですが、

ミドルホールでは長いところで429ヤード、

ショートホールでは198ヤードです。

 

こりゃ~、打ちごたえがありますわ。

 

そこで、私がどんなラウンドでも

絶対やっているボギーオン戦略です。

 

パーオンできる距離のホールなんて

ほとんどない。

 

そこで悪くてもボギーでは上がりたい、

そしてもし取れればパーだって取りたい。

 

となると、

さっきから何度も言っているアレです。

やっぱりボギーオンなんです。

 

ボギーオンでどこまでスコアが出せるのか、

この日のスコアをご紹介します。

 

前半スコアは45。

バーディ 1つ、

パー   2つ、

ボギー  2つ、

ダボ   4つ

 

後半スコアは40。

バーディ 0、

パー   5つ、

ボギー  4つ、

ダボ   0

 

 

反省点としては、

前半でダボが4つもあることです。

ボギーオンしていながらグリーン上で3パットが

あったり、ダブルボギーオンしているホールがあったりして、

ショットにも問題があったので、

仕方がないことではありましたが、

もう少しどうにかできたんじゃないかと反省です。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

後半については、

ボギーオンをきちんとできるホールが

ほとんどだったので、

アプローチでピンに寄せて、

グリーン上ではワンパットで入ったことにより

パーが5つも取れました。

 

そのパーの中には、

424ヤードのミドルホールでも取れています。

 

女性の飛距離でパーオンできる距離では

ない中でのパーなので満足です。

 

ということで、

私ではパーオンできないホールばかりでしたが、

それでもパーが取れるし、80台も出せます。

 

距離に関係なく、

いかにボギーオンしていくことにより、

パーチャンスを増やしていくことが

大事だということがわかりますよね。

 

パーチャンスが増えて、

パターが1回で入るようになれば

パーが取れちゃうんですね~。

 

そうなれば70台も見えてくる

ということになります。

 

ちなみに私の過去10回のスコア分析です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パター数が悪いですが、

ボギーオン率は50パーセントですよね。

半分がボギーオンっていうことです。

 

 

ボギーオンがいかに大事なのか、

自分がボギーオン出来ていれば、

コースマネージメントが出来て、

回ったことのないどのコースでも、

同じようにスコアが出せるようになるというわけです。

 

ボギーオンを気にしながら、

アプローチとパターの精度を

上げていけば、80台なんて当たり前。

 

飛距離に関係なく、70台も出せます。

 

練習場で長いクラブで飛距離アップの

練習ばかりしている方も多いかもしれないですが、

実際には長いクラブは出来るだけ

曲がらないショットが打てるくらいで十分。

 

あとはアプローチとパターを練習すれば

ゴルフのスコアはぐ~んと良くなります。

 

とりあえずボギーオン。

とにかくボギーオン。

絶対やってみてください。

スコアが驚くほど変わりますよ。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ゴルフスコア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴルフの基本は手前から攻める。アプローチ&パター編。

ゴルフって気持ち的にはどんどん攻めていった方が いいような気もしますよね。 例えばどこの位置からでも、どんなライからでも がっつりピンを狙って乗せていこうとするとか、 パターでも距離があったりしてもが …

ゴルフスコアを管理してみよう。パソコン・アプリを利用する。

自分のスコアを記録していますか?               年間どれだけラウンドしているか?とか、 どんなコースに行っただろうか …

冬のゴルフのコースマネージメントとは・・・。

冬にゴルフをするのは好きですか?               私の場合、ゴルフを始めた頃は、 どんなに寒くても、どんなに雨が降って …

冬のグリーン周りは芝が薄い。そんなときはパターが一番。

冬にベストスコアを狙うのは難しいことです。               なぜなら・・・・・ 冬は芝が枯れていて寝ているし、 地面は …

ゴルフがうまくなりたいなら自分より上のレベルの人と回るべし。

ゴルフがうまくなりたいなら自分と同じレベル以上の人と回るようにすると 良い影響を受けて自分のゴルフの考え方、攻め方が変わってくるんです。 そうなると必然的にスコアも良くなるし、ハンディキャップも上がっ …