ゴルファーはなぜシャンクするのか。原因と直し方を知って克服しよう。 | アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

今ではアラフィフ女子ゴルファーが超初心者からシングルになるまでの20年間の体験談をご紹介。お気に入りゴルフアイテムも合わせてご紹介しています。

ゴルフ初心者

ゴルファーはなぜシャンクするのか。原因と直し方を知って克服しよう。

投稿日:2017年7月8日 更新日:

シャンクは絶対に打ちたくない。

それなのに一度出るとなぜか続くんですよね。

 

どうやって直していいかわからないっていう

負のスパイラルに陥ってしまい、

直し方もわからないまま

どんどんハマっていく人も多いですよね。

 

でも、なぜシャンクが出るんだろう・・・。

 

私自身がシャンクしたことで気づいたこと、

どうやってその後出なくなった対処法、

またアプローチだけではなく、他のクラブにもつながる直し方をご紹介していきます。

 

【目次】
なぜシャンクが出るのか
原因①力、入ってませんか?
原因②手打ちしてませんか?
原因③スイング急いでませんか?
シャンクが出ないようにする方法

 

●なぜシャンクが出るのか

シャンクが出るのは、主に身体の使い方に原因があります。

その影響でアウトサイドインの軌道になることで、

フェース面が開いて、さらに寝て入ってくることで、

カット打ちになり、フェースローテーションもないまま

インパクトを迎えるため、ボールが右にしか行かなくなるということになります。

 

これはクラブの動きの話ですが、

そこに身体的問題が加わることで、

シャンクが出やすくなると考えています。

 

●原因①力、入ってませんか?

まず、最初に『力が入り過ぎ』という問題。

特に腕、上半身全体的にガチガチになって打っている状態。

 

アプローチでトップしたり、ダフったりしてませんか?

長さとしては短いクラブのウェッジなのにかなり力が入ってる人、多いですよね。

力が入ってるからトップ、ダフリが起きやすくなります。

 

グリーン周りで行ったり来たりしているのは、

無駄に力が入ってしまい、それにより軌道が安定せず、

毎回インパクトで身体が上下に動いたりすることで

再現性が低くなり、結果が悪くなることが原因のひとつと考えられます。

 

力み過ぎて、自らショットの精度を悪くしてしまっていませんか?

 

プロゴルファーや上級者のアプローチを見ていると

柔らかく動いているのを見ると思います。

トーナメントの解説でも『柔らかい良いアプローチですね~。』なんて

言っている解説者の方のコメントをよく聞きますよね。

 

プロゴルファーが両腕に力が入った状態でアプローチや

他のクラブでもしていないですよね。

 

スイングがきれいに見えるのは、身体が柔らかく動かせている

ということも一つの要因です。

 

●原因②手打ちしてませんか?

手打ちをするというのは、腕でクラブを動かしているからです。

ただ、力が入っているのは腕だけじゃなくて、

上半身全体でクラブを上げているということなんです。

 

女子プロゴルファーの方だとわかりやすいのですが、

上半身は細いのに、下半身はしっかりしている方が多いですよね。

実は、上半身はクラブを支えている程度の力しか使わないのに対して、

体幹を使いながら、下半身でクラブを持った状態の上半身ごと、

一気に振りきるために踏み込んだりしています。

 

男子、女子ともにゴルフは下半身のしっかりした方が多いのは

下半身を使ってスイングをしているからなんですね。

 

それは、ドライバーとかアイアンとかだけではなく、

アプローチやパターまでもが手打ちではないということなんです。

 

では、手打ちにすると何がいけないのか。

毎回軌道が毎回バラつき、インパクト時のフェース面もばらつく。

さらに上半身に力が入り過ぎて前傾がキープできず、身体が起き上がってしまう。

 

力の入った上半身でコントロールをしても、毎回同じ軌道を描けない可能性が

高くなるため、不安定な動きになってしまうんです。

 

●原因③スイング急いでませんか?

プロゴルファーや上級者は実はゆったりスイングしているんですが、

アマチュアゴルファーのほとんどの方は、なぜか急いで打ってしまいがちですよね。

身に覚えありませんか?

考えてみると全クラブ、急いでる気がしませんか?

 

ただ、ドライバーでシャンクが出ないけど、

スライスするのはありますね。

では、アプローチだけなぜシャンクするのか。

シャフトが短い分、手で動かせてしまうんですよね。

力んだ上に、急いで打つ。

そりゃ~、軌道もバラバラになって、クラブ自体もスムーズに

振れなくなれば、シャンクという結果になる可能性は高いです。

 

●シャンクが出ないようにする方法

とにかく一番最初にやらなければならないのは力を抜くことです。

力を抜くのは特に上半身全体です。

それをしないとクラブの重さを使って振ることができず、

振り子の運動ができないということなんですよね。

 

なぜ、振り子の動きかというと、再現性を高めたいから。

毎回腕力で動いていたら、クラブの動きはバラバラ。

それを防ぐための振り子なんですよね。

 

ウェッジはもちろん、その他全部のクラブは全て

振り子の動きをすることで、ミート率がアップします。

 

ウェッジは他のクラブの中でも長さが短いので、

腕力でも十分操作できてしまいますが、

逆に操作でき過ぎてしまって、身体全体が起き上がり、

グリップはヘッドよりも先に行ってしまい、

シャンクが起こります。

 

まずはグリップを軽く握る程度にして、

その状態から体幹を使うことで

上半身の力を抜くことができます。

 

それにより、身体の起き上がりがなくなるので、

グリップ側がきれいにローテーションするようになり、

結果的に柔らかいショットになることで、

ゆったり振ることができ、シャンクしにくくなります。

 

とにかく、力を抜いて、ゆったりとスイングしてみてください。

スポンサーリンク

途端にシャンクから解放されますよ。

ぜひ、お試しくださいね。

スポンサーリンク

-ゴルフ初心者
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人間って気を抜くとさぼりがち。

今日、試合会場の練習ラウンドに行ってきました。 この日のために毎日毎日練習しながら、合間にマッサージ入れて頑張ってきたんです。 だから今日が試合前の最終ラウンド。 試合だと思って気合入れて行ってきたん …

いくつになってもゴルフがしたい。

私は子供のころ、父が見ていた毎週日曜日の夕方に放送しているゴルフトーナメントの番組が大っ嫌いだったんです。 なんで、このチャンネルにするのっ? って怒っていました。 裏番組ではもっと面白いのがやってる …

カップを越えるパターを打ちたい。攻めるゴルフと守るゴルフ。

この前女子4人でゴルフ行ってきたんです。   お天気はいいし、 風もなく、暖かいし、 桜が咲いた中、 春を感じながらのゴルフでした。 すごいいい気候で気持ちよかったぁ。   &nb …

ゴルフ人口が減っている💦

最近、ゴルフ人口が減っているというニュースを良く目にするようになったんですよね。 ゴルフっておじさんのスポーツって感じは確かにあります。 それにゴルフというものはマナーやルールには結構うるさいんです。 …

ゴルフの才能とかセンスってあるのかな?

私には試合仲間の友達がたくさんいます。 その中でもとっても仲が良い友達がいて、 いつも試合に出るときは一緒に出ています。 そしていつも良きライバルとして切磋琢磨しています。 その友達とは家が遠いのでい …