ドライバーでチョロったぁ。どうしたらやらなくなるの? | アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

今ではアラフィフ女子ゴルファーが超初心者からシングルになるまでの20年間の体験談をご紹介。お気に入りゴルフアイテムも合わせてご紹介しています。

ゴルフスイング

ドライバーでチョロったぁ。どうしたらやらなくなるの?

投稿日:2018年7月5日 更新日:

私、先日試合に行ってきたんです。

 

 

 

 

 

まぁ、いつもの通り、

試合では普段とは違った緊張感の中、

ショットをしていくのですが、

やはり身体がこわばってしまって

普通に打てないということが多いんです。

 

それでも今回は

上半身に力を入れずにゆる~くして、

下半身はしっかり&どっしりしながらを

心がけてショットしていきました。

 

そしたらいつもの試合でのスコアよりも

とても良く、70台も出せそうでした。

 

そのスコアの中で、なんと!

ドライバーでのチョロがあるんです。

 

コースも終盤になってきて、

スコアも70台が出せそうな感じだったので、

そこから余計に気合が入って、

飛ばすぞぉ~!!!という気持ちになったか、

または後半だから

足に踏ん張りがきかなくなったからなのか、

自分でもわからないのですが、

とにかくチョロしたんですよ。

 

 

そのチョロったときの私は・・・・・。

 

う~~~~っ!!!

やっべぇ~~~~。

 

 

 

 

 

このホールいくつであがれるのやら・・・・。

 

 

同伴者からのみなさんからも、

どうしたのぉ?

さっきまでそんなショット出てなかったのにぃ。

なんて言われながら・・・。

 

それでも、私は平然を装い、

いや~、なんでしょうかねぇ。

ははは。

な~~~んて笑っていたんですけどね。

 

 

 

 

 

笑ってごまかすってやつです。

 



でも、みんなやりますよね。

 

チョロ。

 

ドライバーでも、

それ以外のクラブでも。

 

み~~~~んなやるんですよ。

 

だからやっちゃったら、

やっちゃったっていうだけで

別に大したことないです。

・・・・と私は思っています。

ははは。

 

 

 

 

 

 

ただやる回数はレベルに

寄るかもしれませんが。

 

 

では、

なぜチョロっちゃうのかって知ってますか?

 

 

まず、アドレス入りますよね。

 

その位置からテイクバックして、

その後トップからボールに向かって

クラブヘッドが戻ってくるときに問題があるんです。

 

クラブヘッドが

アドレスで構えた時のまま位置も変わらず、

同じ場所に戻ってくれば

そのままボールの中央に当たるんです。

 

 

でもアドレスの時の前傾姿勢が

腕などに不要な力が入って崩れ、

インパクトの時にお腹が出たり、

上半身が起き上がったり、

上体が伸び上がったりしたら、

クラブヘッドがボールに届かなくなるので、

ボールの上部を叩くことになります。

 

余計な力が入ると、

クラブヘッドの位置が、

アドレスしたときのゆったり構えていた位置よりも

高い位置を通過してしまうんです。

 

それでチョロが起きるんです。

 

 

では、チョロをなくすには

どうしたらよいのでしょうか。

 

 

 

 

 

チョロというのは、

さきほどもお話しした通り、

大事なのは前傾姿勢なんです。

 

これが無駄な力が入ったり、

手で打とうなんてことをしていたら

チョロってしまう確率が高いんです。

 

アドレスと同じ前傾姿勢を

インパクトでも同じ前傾が取れている

ことが大事なんです。

 

 

ということは下記ポイントが大事です。

●下半身がしっかりしている。

●体幹を意識する。

●上半身の力を抜く。

 

先日、ゴルフネットワークの江連忠プロの

番組を見ていたんです。

 

そしたら、私がいつも意識していることを

番組のゲストに教えていたんです。

 

『上半身は水、下半身は岩』

思ってください。って。

 

 

 

 

 

私は『えっ! やっぱり そうだよね!!』

 

やはり上半身を柔らかく使って、

それでいて下半身はどっしりと

安定した状態にする。

スポンサーリンク

 

これはチョロを防ぐこと以外にも、

他のショットでも全部通用することなんです。

 

アプローチやパターでも同じなんです。

 

クラブヘッドを構えたところに戻すためには

下半身と体幹を使っておろすだけ。

 

上半身の力なんて一切不要なんです。

 



私が試合でチョロったのは、

まさに上半身に力が入ったからです。

 

飛ばしてやるぅ~って思ったことや、

ここで頑張れば70台が出せる!って

思ったことで上半身に力が入ったからだと

思っています。

 

その時の自分に言いたいのは、

要するに力なんていらない。

力むなってことです。

とほほ・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

どんな場面でも同じ力感で、

全ショット同じようなスピードで振ること。

 

これができればチョロなんて起きないんです。

 

上半身と下半身をうまく使って、

ショットの精度を上げていくことが

レベルアップの秘訣だと思います。

 

練習場でも、

飛ばそうなんて思わずに、

無駄な力を抜いて、

軽~くポーンと打つ練習をしていると

ミート率が上がってきて、

ミスが少なくなってきます。

 

ということで、

スイングすることで必要なことは

前傾姿勢をキープすることです。

 

練習場でそれを気にしながら

ボールを打ってみてください。

いつか見違えるようなショットに

なっていきます。

急がず、その積み重ねで

レベルアップします。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

試合でのチョロったホールでのスコアは

ボギーです。

チョロったってボギーは取れるんですよ。

何をしたってボギーで終わらす。

スコアを出すにはこれも大事なんです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ゴルフのスコアはボギーまでしか打たない主義

ゴルフ100切りしたいなら絶対ボギーペース。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ゴルフスイング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴルフ4スタンス理論って何なの?自分のタイプは?

この前、ゴルフ練習場で会った教え魔のおせっかいじじいから 教わった4スタンス理論っていうもの。               &nb …

no image

アドレス時に心がけていること

アドレスの時って何を考えてますか? アドレスの姿勢に入ってから結構長い時間そのまま動けない人をときどき見かけます。 いわゆる固まってしまう人。 アドレスに入ってからはできるだけ時間をかけない方がいいん …

ゴルフスイングでダフリを直すための練習

私はよくダフるんです。 特にアイアンです。 アイアンが苦手でうまく打てなくて、 いつも納得のいくようにならないんです。 そのダフリのせいでセカンドショットをパーオンできそうなところも ダフってグリーン …

スイング中に痛いと思ったら・・・・

私の悪い癖でインパクトの時、左肩や左腕に力が入ってしまうんです。 それがずっと直らなくて。 でもそれでもなんとかスコアも出せてるし、このままでもいいかなと思いながら そのまま打ち続けてたんです。 そし …

ゴルフスイングで重力を感じよう。

昨日、レッスンに行ってきたんです。 久しぶりのレッスンでした。 実は試合で結果が残せなかったことで ゴルフ熱が一気に冷めてしまい、 練習もほとんどしなくなってしまいました。     …