ゴルフは体重が重いだけでは飛距離は出せないって本当? | アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

アラフィフ女子ゴルファーのスコアアップ大作戦

今ではアラフィフ女子ゴルファーが超初心者からシングルになるまでの20年間の体験談をご紹介。お気に入りゴルフアイテムも合わせてご紹介しています。

飛距離アップ

ゴルフは体重が重いだけでは飛距離は出せないって本当?

投稿日:2018年8月28日 更新日:

お恥ずかしながら、

ここ数年、ゴルフによる筋肉増加と、

下半身のがっちり感が増したことや、

アラフィフという年齢の影響もあり、

実は現在も成長し続けております。

 

いろんな意味で・・・・💦

 

たとえばこんな風になったりもして。

イエ~イ!!!

 

 

 

 

 

って、全然喜ばしいことでは

ございませんが・・・。

 

ということから、

自分の体形ががっちりとし、

年々大きくなってきていることにより、

最近、よく言われる言葉があるんです。

 

『前より飛ぶようになったでしょ~~~。』

『なんだか飛ばしそうだねぇ。』

『(この体形なら)もっと飛ばせるよ~。』

 

というようなお言葉を頂けるように

なりまして・・・・。

 

これは、褒め言葉としてとらえて

良いのかしら?

 

いや、逆に考えるとその言葉の中に、

身体が大きいねという意味が

がっつりと含まれているとしか

思えないお言葉の数々・・・・・💦

 

 

実際に、飛距離的には

周りのゴルフ仲間と同じくらいです。

 

210ヤード前後ですね。

 

確かに、以前よりは若干

飛距離が伸びたかもしれません。

それは身体の大きさだけではなく、

道具を変えたからなんだと

思いたいのですが・・・・。

 

でも、どうして身体が大きいと

飛ぶように思われるんでしょうねぇ。

 

ゴルフって身体が大きいことや、

体重があることにより、

飛距離が出るというのは本当なんだろうか。

 

 

 

 

 



女子プロゴルファーを見ていても

ドライバーを飛ばしている人は

大きくて背の高い人が多いですね。

 

ということで、女子プロゴルファーの

平均飛距離を調べました。

 

 

女子プロ平均ドライビングディスタンスランキング

1 葭葉ルミ   261.40

2 穴井 詩   260.92

3 比嘉真美子  257.89

4 原 英莉花  254.10

5 チャン ウェイウェイ 253.08

6 テレサ・ルー 252.61

7 渡邉 彩香    251.86

8 松田 鈴英  250.23

9 三浦 桃香  249.26

10 川岸 史香  249.13

 

※JLPGAホームページ上、
ドライビングディスタンスに
記載されております2018年8月26日現在の
平均飛距離ランキングを参照しております。

 

やはり皆さん、飛ばしますよね~。

女性なのにそこまで飛ばすか!って

いつも思います。

こんなに飛んだら楽しいだろうなぁ。

ゴルフが楽になるだろうなぁ。

 

ん?

だけど・・・・、

ちょっと待てよ。

 

 

 

 

 

 

このランキングを見ていても

もちろん身体の大きい人、

背の高い人はいますよね。

まぁ、その方たちは飛ばすのは

わかる気がします。

 

が・・・・、

あら?

中にはそうでない人もいますよ。

 

比嘉真美子プロや、テレサ・ループロも

ランキングされています。

でも身体はそんなに大きくないじゃないですか。

逆に女子プロゴルファーの中だと

小柄なくらいなのに・・・・・。

 

え?

どういうことぉ?

一体、なんなんですか?

 

身体が大きくないと飛ばせないとか、

体重が重いから飛距離が出るとか

そういうのってどうなっちゃってるの?

 

 

 

 

 

 

全く意味がわからなくなってきたぁ~~~💦

 



比嘉真美子プロや、テレサ・ループロが

女子プロ飛距離ランキングの

トップ10の中にいるということは、

身体が大きいからとか、

体重が重いからとか、

背が高いからという理由で

飛距離が出ていたわけではない

ということになりますよね。

 

比嘉真美子プロは、

身長161センチ、体重58キロ。

 

テレサ・ループロは、

身長164センチ、体重58キロ。

 

そして小柄なプロと言えば、

2018年で成績も良く、

上位で頑張っている

青木瀬令奈プロですよね。

身長は153センチ、

体重50キロでありながらも

スポンサーリンク

ドライバー飛距離は230.21ヤードです。

 

やっぱり飛距離は身体の大きさでは

ないということがまたもや

証明されていますね。

 

では、何が良いと飛距離が出るのか?

ってことになりますが・・・・。

 

実は飛距離に一番大事なのは

体重よりもなによりも

筋力なんです。

 

 

 

 

 

筋肉量の多い人が飛ばせるんです。

 

だから身体の大小、体重があるないなんて

のは関係ないということになるんです。

 

だけど一言で筋肉といっても

どの筋肉なのか。

 

もちろん全身の筋肉はある程度はあるほうが

いいですが、特に飛距離に関係してくるのは

体幹と下半身(代表的なのはハムストリング)です。

(※ハムストリングとはももの裏側にある筋肉のこと。)

 

スイングは腕力や肩の力で打つのではなく、

腕や肩の力はどちらかとえばリラックスして、

下半身をどっしりとするための筋肉と、

そして身体の中心部分の筋肉と

左右の股関節を使って

上半身をねじってテイクバックをして、

その反動で一気に振りぬいていく。

 

というのが理想のスイングです。

 

昔は体重移動をするようにと教わっていましたが、

今では、体重移動するのではなく、

身体の軸を使うための筋肉=体幹、

そして下半身が重要になっているんです。

 

その動きが上手く出来ることで

飛距離が出るという仕組みですね。

 

プロゴルファーはその打ち方を

理解しているからこそ、

身体の大きさや体重ということではなく、

また腕力を使うわけでもなく、

効率よく筋肉を使ってクラブを動かして

飛距離を出すことができるんですね。

 

いくら体重が重いから飛ばせるんだ

なんて思って、体重だけを

増やしても飛距離は出ない。

 

 

 

 

 

脂肪を増やすのではなく、

筋肉量を増やすことで

飛距離アップにつながるというわけですね。

 

やはり、ゴルフには筋トレって

大事なんですね。

体幹やハムストリングをモリモリ鍛えて

飛ばしましょう。

 

少し下半身は太くなりますが、

それにより飛距離アップ、

スコアアップが目指せるなら

鍛えちゃおう!!!!

 

ちなみに鍛えすぎて下半身んが大きく

なってしまった関連記事はこちら。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

女子ゴルファーの下半身が太いのはなぜ?

 


 

 

スポンサーリンク

-飛距離アップ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

年齢なんて関係ない!鍛えればゴルフの飛距離も出せる!!

現在の私のドライバー飛距離は たぶん夏だと200ヤード、 冬だと190ヤードくらいかと思っています。   まぁ、女性なのでこのくらい出れてば、 いいかなと思ったりもしています。   …

ゴルフのための筋トレ継続で、すごい成果が出始めた~?!

鍛えていたら、ゴルフにも生活にもじわじわと 驚くべき変化が出てきたんです。   そのゴルフを良くするために始めた ピラティスと筋トレで、 今では嬉しいことが・・・。   もちろん筋 …

継続は力なり。ゴルフ飛距離編

今日は試合仲間の女子ゴルファーとラウンドしてきました。 みんなシングルで負けず嫌いという性格。 だから例え遊びのラウンドでも言葉には出さないけど しっかり勝負してるんです。 みんな負けるもんかっていう …

9番ウッド増やしました。

今まで使用していなかった9番ウッドを増やしました。 今使用している他のウッドと今回の9番ウッドと全部同じメーカー、同じ種類のヘッドとシャフトです。 よくもまぁ、こんなに同じものをそろえたよなぁと思うく …

女子ゴルファーの下半身が太いのはなぜ?

女子プロゴルファーの下半身って なんであんなにがっちりとして 太いんでしょうね。   上半身はそんなに大きいという わけではないのに、 なぜか下半身がとにかく どっしりとしていて太い。 &n …